「すぷりんごフェスティバル」ライブレポート

大変遅くなってしまいまい恐縮ですが、「すぷりんごフェスティバル」のライブレポートです。

「ににぇむにぇ」さん、コラの女性二人組みユニットですが、今回はパーカッションに加え、「エレクトリック・アルペジオーネ」という大変レアな楽器奏者のサポートも加わり、豪華かつ幻想的な雰囲気に包まれました。曲目もアフリカの伝統曲からオリジナル、美空ひばりさんのカヴァーまで幅広く、楽しめました。

ににぇむにぇ.jpg

asariさんは普段バンドで活動しているのですが、この日はいつもと違うお二人と組んでのトリオ編成でした。オリジナル曲に加え、asariさんがドラムで参加している「ムルギー」の曲やビートルズのカヴァーなどを披露していただきました。(ウッド・ベース:りょうさんのベース回しもかっこよかった!)

asari.jpg



HIROYUKIさんは、最近一緒に活動されているドラムカウのお二人:PAPA(Djembe)&JIN(Cajon)さんとの競演でした!HIROYUKIさんは「躍動するリズムとパッション」をテーマに演奏されているだけあって、パーカッション二人という豪華な顔触れでもまったく負けず埋もれずに、むしろ個性が浮かび上がっています。

HIROYUKI.jpg



コージコナーさんには、今回のだはるみさんとのコラボを含め、大変お世話になりました。気持ちの良いロックを気持ちの良い音響で聴けることは、素直に気持ち良いことでした。「サクライロ」や個人的に好きな「隣でいつも笑っていて」などリクエストも全て汲んで頂き、感謝です♪

コージコナー.jpg

のだはるみさんも、お仕事でお忙しい中快く出演を引き受けていただきました。のだはるみ×コージコナーのコラボは当初躊躇していたのですが、「絶対いい感じになるから」と半ば強引に引っ張り出しました(笑) 結果的にはのださんが一番伸び伸びと楽しそうに歌っていて喜んでくれ、このコラボを実現させて本当に良かったなぁ、と思いました。コージコナーの演奏力・対応力もライブの場数を踏んでいるだけあって流石でした。私も調子に乗ってコラボに参加させてもらったけど、「のだはるみ×コージコナー」で完結していたのでバイオリンは余計だったかも・・(汗)

のだはるみ.jpg



今回は面白い/珍しい楽器のアーティストも集まっていたので、のださん×コージコナーのコラボのみならず、是非セッションの時間も設けたかったのですが、コラボだけで手一杯になってしまい残念でした。すみません。。

* * *

前回の「冬まつり」は、時間が押してしまったので今回は特にタイムキーピングには気を付けたのですが、この点はなんとか合格点だったのではないかと思います。終演後も多くの方が残ってくれて楽しそうに歓談しているのを見るのは、イベント主催者にとって本当に嬉しいことです。何回イベントをやっても反省点が次から次へと出てきて増えこそすれ減っていかないのですが、また機会があれば楽しい企画を考えたいと思っています。今後とも宜しくお願いいたします。

ご来場のお客さま、出演いただいたアーティストの皆さま、鈴ん小屋スタッフの皆さま、有り難うございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

すぷりんご御礼

昨夜は「すぷりんごフェスティバル」でした。

お客さんと出演者さん、鈴ん小屋スタッフも一緒に新しい季節をお祝いしました。今年はちょうど季節の変わり目が春分の日と一致するようにやってきたので、お祭り日和でしたね。

今回はいつになくバータイムも皆さん最後まで楽しそうに歓談されていて、その光景を見るにつれ、やはりこの企画をやれてよかったなと思えました。

遠い場所やお忙しい中からこの企画を選んで足を運んでいただいたお客さま、色とりどりな音楽で春を祝ってくれたアーティストの皆さん、素敵な会場と最高の音響を提供してくれた鈴ん小屋スタッフに改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました!

DSC_0367.jpg

イベント概要

すぷりんごフェスティバル

~鈴ん小屋 春まつり~
春らしい音を感じて、一足先に新しい季節をお迎えしましょう。

springo-3_2.jpg

3月20日(春分の日)
Open 18:00 / Start 18:30
Charge: ¥2,000 *1drink別途¥500
@鈴ん小屋
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-47-1 庚申ビルB1
tel: 03-6382-7273

出演アーティスト:
コージコナー / ににぇむにぇ / asari / のだはるみ / HIROYUKI


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
‐アーティスト・プロフィール‐

◇コージコナー
2008年1月にマツモトコージ(Vo/Gt)・イトウトシヤ(Ba)・ハットリコーイチ(Drs) で結成。同年9月にナカジマサトシ(Key)が加入。この辺から本気で活動を始める。これまでに、CDリリースイベント「Planet Disco.」を吉祥寺Planet Kにおいて5度主催。昨年12月にはワンマン公演を行い133人の動員を記録。2013年12月、2度目のワンマン公演をソールドアウトさせるべく精力的に活動中。
コージコナー_m-sized.JPG
http://kojiconer.jp/

◆ににぇむにぇ
その昔、西アフリカの王様が眠る時、癒しを求める時に演奏されたアフリカンハープ「コラ」。西アフリカ諸国ではメジャーな楽器で現代ではポップス曲等にも見られるが、日本での認知度はまだ低く、その美しい楽器と音色をもっと知ってもらいたいという思いから結成されたユニットが「ににぇ むにぇ」です。マリ共和国やガンビアを始め、西アフリカに伝わる伝統曲とオリジナル曲を演奏しています。
ににぇむにぇ_m-sized.JPG
http://ninyemunye.seesaa.net/

◇asari
東京都内を中心に活動するパーティポップバンドasari。少年のような声と風貌のVoアサリを中心に、パンク、メタル、ダンス、ロック、ジャズ、シューゲイザー、どんなジャンルの音楽も問わずポップでキャッチーに歌って演奏する、アバンギャルドなみんなのうたをつくっています。
asari_m-sized.JPG
http://asari.hotcom-web.com/wordpress/

◆のだはるみ
2004年より都内のライブハウスを中心にピアノ弾き語りスタイルで歌い始める。年に一回ずつ、主催イベント「ももまつり」「星☆まつり」を企画・開催。3曲入りミニアルバム「愛しい日々」、2010年春にvlzproduktから発売のコンピレーションアルバム「songs」をライブ会場にて好評発売中。
のだはるみ_m-sized.JPG
http://ameblo.jp/nodaharucolorful/

◇HIROYUKI
「音に込め、音で羽ばたく」をテーマに唯一無二のカリンバ演奏を探求。一般に認識された「綺麗な音がする癒しの楽器」にとどまらない、秘められた「その先の可能性」を解き放つため挑戦を重ねる。きらびやかな音と対峙しつつ、楽器の前におのれが立つよう奏でる音に自我を織り込み、いまそこに生きる人間の息遣いをいかに表現するか日々葛藤す。路上からクラブ、ミュージカルまで多彩な場空間で清々しく泥臭くパッション溢れる演奏を奏でる。
HIROYUKI_m-sized.JPG
http://h-kalimba.net/


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
主催:石井たかし 協力:鈴ん小屋
お問い合わせ

明日のチャージについて

明日のチャージですが、「2,300円/フィーリング登録、もしくは出演者への予約で300円引き」としていたところを、一律2,000円とさせていただくことにしました。

予約無しでも料金変わりませんので、どうぞお気軽にいらして下さい。

明日のタイムテーブル

今日は新しい季節を実感できた、春らしい新鮮な一日でしたね!
明日は春分の日、すぷりんごフェスタの日です。皆で鈴ん小屋で、春をお祝いしましょう〜*

open 18:00
start 18:30

18:30-19:00 ににぇむにぇ
19:10-19:40 asari
19:50-20:20 HIROYUKI
20:35-21:05 コージコナー
21:20-21:55 のだはるみ

Last Order 23:30

タイムテーブルは目安です。状況により、時間の遅延や変更となる場合もございます。予めご了承いただけますようお願いします。

【出演者紹介】HIROYUKI

6、7年ほど前に荻窪駅前の路上でカリンバを演奏していたミュージシャンに声を掛けたのがHIROYUKIさんとの出会いでした。

今はもう閉店してしまったのですが「カフェあめんぼ」という素敵なお店が豊島区要町にあり、HIROYUKIさんは当時「HIROYUKIと愉快な仲間たち」というイベント・シリーズを開催していました。

このイベントは僕の「音楽イベント」の原体験となっているイベントで、お店といい、そこに集まるお客さん、音楽家、絵描きさんなどの「表現者」が見事に融合している素晴らしいものでした。

僕自身がそこでお客さん、たまに表現者として参加させてもらったし、そこで出会ったアーティスト繋がりでplumusicというイベントを立ち上げた延長線上で、この「すぷりんご」もあると言って過言ではありません。

HIROYUKIさんのスタイルについては、文章よりも動画を観ていただく方がダイレクトに伝わると思うので、是非観てみて下さい。今回はパーカッションのPAPAさんとJINさんをゲストに迎えての演奏もありとのことで、楽しみにしています!








まったくの余談ですが、「カフェあめんぼ」のオーナー夫婦は現在岐阜県の古民家で自然農をしながら暮らしています。一度遊びに行ったことがあるのですが、それはとても素敵な暮らしでした。
http://cafe-amenbo.blogspot.jp/

【出演者紹介】のだはるみ

日頃からお世話になっている、のだはるみさんについて書きたいと思います。

のだはるみさんとは、VLZ PRODUCTの松岡さんが「友人の女性シンガーソングライターが共演者を探している」ということで紹介してくれたのがことがきっかけで知り合いました。彼女の企画の「ほしまつり Vol.4」に僕はヴァイオリン・ソロで出演し、のださんとも彼女の曲にヴァイオリンを載せる形で共演させていただいたのですが、その後はplumusicなど僕の企画に度々出演いただくことになり、僕も彼女が毎年2回欠かさず企画しているイベント「ももまつり」「ほしまつり」に、以来ほぼ欠かさず参加するなど親しく交流させていただいています。

のだはるみさんは、鍵盤弾き語りのアーティストで、とても良い曲を作るアーティストなのですが、鍵盤の演奏面は少し弱い所がある(正確に言うと、鍵盤で曲の持つ世界を十分表現し切れていない)と思うんですよね。でも、自分の世界は確固として持っているアーティストで、どの曲を聴いても「のだはるみさんの曲」と言える何かがある。こういうアーティストって矢張りとても魅かれますね。



なんていうか、曲そのものの持つパワーの側面が、彼女の演奏面を完全に超えてしまっている感じなんですよね。それで、僕は前から「のだはるみバンド」をやってみたいと勝手に思っていて、plumusic Christmas 2010企画時に、共演者をお誘いしてバンドを組んでみたのがこちらです。



タカツキさんのベースに、ヴァイオリンとヴィオラのストリングスが入っています。(ヴィオラはマリエリカの高尾真里枝さんです)

曲がいいし、素敵な声の持ち主なだけに、バンドを組むまでいかなくても、ミュージシャンにサポートしてもらったり、レコーディングしたり、彼女にやれることはまだ色々あると思うんだよなぁ。。なんて、勝手に思い、期待しています。

そして・・。今回ものださんとコージコナーさんにお願いして、コラボバンドを組んでいただき1曲演奏していただきます!!(ちゃっかり自分もヴァイオリンで入る予定)

先週リハがあったのですが、とてもいい感じにのださんも伸び伸びと楽しそうに歌っていて、当日が楽しみになりました。

これを読んで彼女のことが気になった方は是非、すぷりんごを観に聴きにいらして下さい。そして、これからものだはるみさんを応援してあげて下さい。

【出演者紹介】asari

asariさんも、公募サイトで応募してくれたアーティストなのですが、手作りフェスを開催したり、ワンマンライブで手作りのちらし寿司を振舞ったり(だいたい、この手の人は料理も上手いと相場が決まっている)、サービス精神が旺盛なところに惹かれ、コンセプトの「アバンギャルドなみんなのうた」っていうのも面白いなと思い、出演をお願いしました。

また、ヴォーカルのasariさんは「物理女子」とのことで、注意して聴くと歌詞にも随所にそれが現れています。先日リリースした1stミニアルバム'Why Without Me?'もお勧めです。内容もさることながら、ジャケット・デザインもasariさんがされたとのことで、素敵なんですよ。

同じロック・バンドでも、今回共演のコージコナーとはまた違ったカラーとサウンドのバンドなのですが、彼らの得意なパーティー・ポップで「すぷりんご」に春の嵐を巻き起こしてくれることを期待しています!今回はいつものロック・バンド編成とは異なるアコースティック・バンド編成(ピアノ&ヴォーカル/ギター/ウッドベース )で出演していただけるとのこと。どんな音を聴かせてくれるのか楽しみにしています。

asari.jpg

【出演者紹介】ににぇむにぇ

ににぇむにぇ(ninye munye)はアフリカン・ハープ「コラ」2名の女性ユニットです。

私自身は正直なところ、ににぇむにぇの音楽をを聴いたことはまだ無い(メンバーのcHiHiRoさんのパフォーマンスを吉祥寺のバオバブで一度聴いたのみ)のですが、日本でコラをやっているミュージシャンは珍しい(しかもオリジナルもコラ弾き語りもあり)こともあり、とても楽しみにしています。

cHiHiRoさんは、とある公募サイトで今回のすぷりんごの出演者募集をして応募してくれたのですが、実は何年か前にplumusic Freeというイベントを企画したときにお客さんで来てくれていたとのことで、不思議なご縁を感じます。

今回「ににぇむにぇ」さんは素敵なゲストを連れてきてくれる模様です!「エレクトリック・アルペジョーネ」の白坂智之さん(アルペジョーネは19世紀に発明されてそのまま廃れてしまった弦楽器らしい・・)、パーカッションの増村和彦さんです。詳しくは「ににぇむにぇ」のブログをご覧下さい。
http://ninyemunye.seesaa.net/article/335204946.html


【出演者紹介】コージコナー

コージコナーとの出会いは、昨年「花園御苑フェスティバル」というイベントを企画したときに、出演者を探していて、audioleafという視聴サイトでたまたま見つけた、というものです。

ピアノ・ロックのバンドを探していて、確か「ピアノ」で検索したのですが「隣でいつも笑っていて」という素晴らしい楽曲に巡り会い、この曲は何度も何度もaudioleafで繰り返し聴くことになりました。

今は残念ながらこの曲はaudioleafで聴けなくなってしまっていますが、soundcloudでサンプルは聴けるので是非聴いてみて下さい。(録音は以前のヴァージョンの方が僕は好みですが…)


花園御苑フェスには日程が合わなくて出演いただけなかったのですが、今回は快く出演をお引き受けいただくことができました。

正直なところ、僕はロックにはまったく詳しくはないのですが、コージコナーを一言で形容するとすれば「極めて正統派なロックバンド」だと思います。

ヴォーカル/ギターのコージさんの世界観を表現した歌詞と、メロディアスかつタイトで限りなく心地の良いバンドサウンド。彼らのロックの音のシャワーは、まるで春の草原の風のように爽やかに思えるのです。